共に挑み共に成長発展! JPC松井の今月のレポート
いつもお世話になっております。今月もちょっと良い話、配信させて頂きます。
01 | 2007/02 | 03
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

            
女性カリスマ社長への訪問記
毎度、ありがとうございます。JPC松井です。
お蔭様で今月もニュースレターを配信させていただきます。
今月は、私がお会いした女性カリスマ社長への訪問記をお伝えします。
ご期待ください。




知る人ぞ知るカリスマ経営者



株式会社ハー・ストーリィ 代表取締役 社長 日野 佳恵子さん
2月中旬になりますが、日野佳恵子さんとお会いしお話を伺うことが出来ました。


野佳恵子さんのカリスマ性


日野さんとハー・ストーリィの名前は男性には、あまりなじみがないかもしれない。
しかし、かなり多くの働く女性が知る、知る人ぞ知るカリスマ経営者。
今後、働く男女の殆どが彼女の存在を認知するだろう。
頭が良く、話が分かり易く上手。
声もきれいでしかも美人 ビジネスセンス抜群のとても素敵な女性だ。

で、何のカリスマ?と言うとこれが、憎い事にいくつものアイデンティティを持っている。
10万人の在宅ワーカーのリーダー、マーケティングコンサルティングのカリスマ(口コミ&ファンサイトなど)、女性起業家など尽きない。
それでいて変にとんがっていないところも我々弱い男性陣にはとてもありがたい。
彼女のコミュニケーション能力の高さは群を抜いている。
社員さん50名中、男性は最近入った4名だけという。ココも面白い。
是非、彼女の本やDVDを買ってみて欲しい。
業績にも即効果がある内容だが異性との関係がより良好になる。
ビジネスにも大いに役立つ。
DVDで語られているが 次世代に対する先見性という面でも衝撃を受ける。
お勧めしたい書籍などは当記事の最後にご紹介したい。


性の人生を表す社名


次に彼女の会社を紹介したい
社名は、株式会社 ハー・ストーリィ ヒストリーは男の人生。
ハーストリィは女性の人生という意味だ。
会社と彼女の今日までを聴くと全ての人がその魅力に惹きつけられる。
これだけでも2時間以上の講演になる。(Webサイトにて掲載あり)
現在は、女性たちに教育をつけマーケティング業務を中心に中小大企業に対してコンサル、Web製作などを行なっている。
女性ならではの目線でオヤジ思考のビジネスをメッタギリだ。
これでは、ものは売れません。残念!(大分古い)
そして自社でも子供服をWebで売ったりと実態現場も知っている。

性目線のビジネスモデル


特色としては消費者女性目線。
今の時代、購買決定権の80%を女性が持つ。
しかし、マーケティングは以前、男性目線。
これでは物やサービスが売れない。
そこを女性独自の切り口で商品や会社を評価する。
ココがビジネスモデルでありハー・ストーリィの売りだ。
製品やサービスに対して自社の会員10万人の超スピードアンケートを行なえるのも素晴しい。
対象者を絞り込み、反応をよりリアルにすることも出来る。
ものの1~2時間で大概の情報収集結果が見えるらしい。
ネーミングやヘッドライン、商品の説明などの評価も分かる。
これらは、会員に一斉メールで流される。
そこからリンクして結果が登録される。Web画面でリアルタイムで結果が、見られる。
これら在宅の登録会員さんに送られたメールは、開封する事でポイントとなって会員のお小遣いになったりする。
この辺の工夫がなんとも憎い。
開封率が確実に高まる仕組みだ。
我が社も求人という面でお世話になろうと考えている。地
域を限定し仕事のオファーを掛ける。
この仕組みは、パソコンが使える女性の求人には最適だ。
対象となる年齢や地域、希望職種が選別されていることもうれしい。




訪問の経緯



いをもたらす違いを求めて


以前より私は、10万人の在宅ワーカーを組織化するカリスマとしての彼女に会いたいと思っていた。
自分のビジネスを進める上でその道の頂点に立つ人間は絶対に外せないからだ。
多忙な彼女は、年間100件以上講演依頼を受けている。
もしかすると依頼は300件を超えているかもしれない。
日本最強在宅ワーカーの組織化を目論む私は、是非会って10万人へとたどり着いた道のりのDMD(違いをもたらす違い)を求め手紙を書いた。
正直に書いた。
今、我が社でうまく行っている点、行かない点。
自分のビジョン。
助けてもらいたい事。
便箋5枚になった。
筆ペンで自分で書いたので読めないのではと心配になった(笑)


キサイティングだった2時間


投函して1週間ちょっとして彼女から直接会社に電話があった。
留守だったので再度メールをくれるとの事。
しかし、そこからまた1週間が過ぎた。
何度か電話をして何とか彼女と話すことが出来た。
約束をもらえたのは約1ヵ月後。
彼女の多忙なスケジュール状況が想像できる。

お会いできたのは去る2月15日。
品川にある東京支店へ伺った。(本社は広島)
幸運にも2時間近い時間がいただけた。
講演料にしたらかなりの金額だ。
まさに感謝。
かなりエキサイティングな話が聞けた。
あっという間に2時間近い時間が過ぎていた。




大いなる学び



以下の通り学びを整理してみた

今回学んだ事は主に3点
1. 彼女のビジネスモデルの焦点
(ア) B to B 、キャッシュフロー 、生活者目線、家庭内の主婦をひとりでも多く今後に貢献する事)
2. 同業他社や提携できそうな企業情報と方法
3. 女性活用法
(ア) 女性は戦術を得意とする。戦略(計画立案)は男性が得意。
(イ) 仕事を任せるにあたっては小さく区切って優先順位をつけることで精度が特質して上がる
(ウ) 女性には「自分で考えろ」はNG。考えた後のことを頼むべき
他にも数多くの事を学んだ。(丸秘)(^^♪

特に彼女の素晴しい部分に気づいた。
常に相手に合わせて情報提供していること。
女性には、女性にぴったりのプロセス重視説明の仕方や内容で行なう。
男性には、結果・結論を先に伝え数値化して物を伝える。

焦点は、相手に合わせる。
それに合った対応が求められる。
分からない相手が悪いと言っていると取り残される。
相手に焦点を合わせる。卓越の戦略にここでも出会える結果になった。
これからのビジネスに加速度的に活かしたい。

感謝

JPC松井洋治


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
株式会社 ハー・スートリィ
http://www.herstory.co.jp/
マーケティング、コンサルティング、調査

■オススメ書籍紹介■
← web集客に超効果的 お勧め

← 女性スタッフを活かしたい経営者必見

■オススメDVD ■
なぜ社員50名の会社に、800人もの新卒が応募するのか?(☆これ最高☆)
http://www.kandamasanori.com/ItemDetail.php?ItemCode=TS0074-A
ちょっと彼女の写真がイマイチだけど



社内の無駄な手間に気づいたら【オリジナルシステム開発】
時代に遅れた事に気づいたら 【集客型ホームページ作成】
もっと儲かるはずと気づいたら【無料個別悩み相談30分】
MAIL:matsui@japanpc.co.jp
http://www.japanpc.co.jp

株式会社 ジャパンパーソナルコンピュータ
〒233-0001 神奈川県横浜市港南区上大岡東1-13-17
TEL:045-847-2121(代) FAX:045-847-2770

スポンサーサイト
            

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

全米NO1マーケッターとの出会い


No1マーケッターとの出会い




去る1月21日より全米NO1マーケッターの勉強会に参加して参りました。

研修参加!

とかく日本でマーケッティングというと神田昌典氏が代表的。
他にもマーケッターは大流行。
お客さんをうまく集めて・・・なんて感じのものも多いが、さすが【全米NO1=世界NO1マーケッター】は違っていた。

名前は、ジェイ・エイブラハム。アメリカ人。
ロバートデニーロをちょっと若返らせた60歳ちょっとまえのちょい悪おやじ。
しかしこのおやじは一流レベルを遥かに超越していた。
3ショット


ェイ・エイブラハムについて



彼は、18歳で結婚し働き始めそこから頂点を極めた。
もちろん大学も出ていない。
高校だって怪しいくらいだ。
結婚は、何度かしていると言っていた。
初めて勤めた会社は、儲からない3流会社。
そこから知恵と努力、テストを繰返しそして成功の連続でここまでたどり着いたのだ。



卓越の戦略




ライアントとカスタマーの違い


そんな彼が、編みだしたのが『卓越の戦略』だ。
日本で言う『顧客満足』にも似た表現ではあるが、その考えはまさに卓越している。
少しの違いのようだが、結果には大きな違いがある。
彼の概念は、【顧客=カスタマー】ではなく【顧客=クライアント】なのである。
えっ。何が違うの?と思われる方も居るかも知れない。
日本語では同じ顧客だが英語では発想が異なる。


ライアントと恋に落ちろ



ココがポイント。
クライアントとは、自分が保護する相手と言う意味なのだ。
そう、いかに自分の未来の大切なお客様を保護するか。
そして最後までクライアントの目線に立って考えると言うこと。
彼は言う。クライアントと恋に落ちろ。まさにFall in Loveだ。

とかく表面的なことが話題になるが、彼が持つ全てのマーケティング手法は全てここが原点になっている。
テクニックではなくこの発想の追及が自然に新たな発想を持ったビジネスモデルを導き出す。


ライアントのリスクを引き受ける


クライアント側のリスクを提供側が引き受けるリスクリバーサルなどがその典型的な発想だ。

クライアントは、購入する際、多くの不安を抱えている。
例えば洋服。
買おうと思ったこの洋服のサイズは?本当に似合うか?着るのか?他にもっと似合うものがあるのでは?

そんな数々のクライアントの不安を返品保証などの制度を設け払拭する。
これにより驚くほど購入者が増えるという。
もちろんこの制度を利用して返品も増える。
しかし絶対的な売上げと利益の増加の比ではないという。



卓越したセミナー内容




開セッションから学ぶ



セッション風景

そして今回の勉強会は通常のセミナーと少し違っていた。
講義が殆ど無く全てが参加者との公開カウンセリングなのである。

そうセミナー=ホワイトボードだがホワイトボードが無いのである。
かろうじてアナウンス用の模造紙が舞台袖に掛けてあるだけ。
彼が最初から最後までペンを握ることは一度も無かった。
公開のセッションを通して我々から学べと言うのだ。

セッション中のジェイ・エイブラハム氏



9業種10組以上のカウンセリングを見たが、開催前にたくさんの質問を用意していた参加者も
半ばを過ぎるともう殆ど質問が出なくなっている。
そうなのだ、業種や規模は違うが大概の場合、
彼のコンセプトの【卓越の戦略】の元セッションを重ねると殆どのケースが解決してしまうのである。
また、仲間たちのアドバイスも素晴らしい。
各セッション後、15分意見をシェアする。
また全員からのアドバイスも卓越している。
個別の内容については守秘義務があるので紹介できないがジェイのコンセプトの元、基本であるマーケティングの導入部分を紹介したい。


ータ、数値化をすること



まず、彼は、データを取れと言う。
過去のお客様をまわりインタビューし、それを数値化しろという。

私のビジネスは数値化できない。と思ったあなた。あなたこそ数値化するべきなのである。
なぜならば、目に見えないものほど数値化することで説得力が増すからだ。
同業他社が数値化できていない分、あなたが同業他社に対してダントツの優位性を持つことが出来るのだ。
そして自分の正しい評価を聞くためにも現在、過去のクライアントからの情報が大切なる。
(私も廻らせていただきますのでその時はよろしくお願いします)
そこからの情報を元にスタートしなさいと言うことだ。
結果が悪くても良い。
それにより改善がされる。
今よりクライアントに喜ばれるのだから確実に成果が上がると彼は言う。
また、それにより自信を持ってクライアントに話が出来るとも彼は言う。
そうする事で改善は進みクライアントも自分も幸せへと進む。
彼は口癖のように言うのだ。パワフルでしょ。

しかし、入門編といっても実践できている会社は殆ど無い。
このセッションに参加するような前向きな企業でも非常に少ない。


ジションを修正する



データ化を軸に【ポジションの修正】を我々に進める。
今回私が経験した最大の成果の一つにポジションの修正があった。
表現はいろいろあるが自分の位置を変えることで一気に違う発想やサービスが顧客に出来るようになる。




決意



私は、この業界でサービスをより向上させるため出版を決意した。
本を書くのは大変だ。
しかし出版することにより、違う立場でクライアントにサービスを提供することが出来る。
出版を宣言したことにより質の良い情報をサービスが必要になる。
結果 クライアントが喜び結果成果につながるという仕組み。
うまい文章を書いて集客しろなんてショボイ発想は微塵も無い。
思想が違う。
とは、言うものも少し恥ずかしくなる自分も居る。


私も皆さんと恋に落ちたいと思う。
薄っぺら対応ではすぐに見破られる。
目の肥えた一流の美人である皆さんと恋に落ちるためには情熱だけでもダメである。
「この人は私を幸せにしてくれる唯一の人」と思われなければいけない。
そして大切にし続けなければならない。
浮気されたら大変だ。
お互い魅力ある付き合いが出来るよう楽しみたい。
ビジネスの原点を学んだ勉強会だった。

最後に、自社にも言えること。
クライアント・自社スタッフ・そして私の三者が恋に落ちなければ恋愛は成立しない。
どちらか2方だったら大変なことになる。
今回のご案内、きっとピンと来ない方々も多いと思う。
しかし全員が実感できる方法がひとつだけあるとするば我社で実現する事の他にない。
直ぐに変化する事は難しい。
それだけ価値がある。
それを実践することで本当の意味を皆さんにお伝えしていきたい。



感謝
株式会社 ジャパンパーソナルコンピュータ
松井洋治


【システム・ホームページのお問合せはこちら】
株式会社 ジャパンパーソナルコンピュータ
〒233-0001 神奈川県横浜市港南区上大岡東1-13-17
TEL:045-847-2121(代) FAX:045-847-2770
MAIL:matsui@japanpc.co.jp
URL:http://www.japanpc.co.jp/
            


プロフィール

JPC松井洋治

Author:JPC松井洋治
松井洋治(マツイヒロハル)
昭和40年11月生
株式会社 ジャパンパーソナルコンピュータ
代表取締役

◆出身
神奈川県横浜市
◆趣味
2015年11月に月1回ゴルフで
シングルになる。
バイク(息子の誕生記念で買った)
harley SportsSter'03
ホノルルマラソン継続参加(今年度6回目挑戦予定)
◆家族
妻 子供二人
◆スポーツ
サッカー6歳~18歳 ゴルフ22歳~ 
最高スコア79、しかし平均は98 
実力はもちろ(#^.^#)。

◆好きな食べ物
  ハーゲンダッツの抹茶アイス
◆MY ブーム
息子との毎朝のジョギング・縄跳び

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。