共に挑み共に成長発展! JPC松井の今月のレポート
いつもお世話になっております。今月もちょっと良い話、配信させて頂きます。
04 | 2007/05 | 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

            
素晴らしき起業家インタビュー
今月も素晴らしき起業家のインタビューです。
質、量ともに想像を大きく越えたインタビューでした。
もったいなくてちょっと簡単には教えられない内容もあり今月も必読です。

そんな中から2つのテーマに絞ってお伝えしようと思います。
内ひとつは希望者限定です。ご希望者はメールにてご請求ください。
最後に宛先を表示してあります。


セミナーズ清水氏

彼の名前は、清水康一郎さん。
ラーニングエッジ株式会社 代表取締役 現在32歳。

2004年に外資のコンサルティング会社のサラリーマンを辞め独立。
近年中に株式公開を予定する日本最大のセミナー紹介サイト「セミナーズ」を運営する若き起業家。
そんな彼から学んだすばらしいエッセンスをお伝えします。




ラーニングエッジって?



まずは、彼の会社の説明から。
ラーニングエッジってどんな会社?なんて思われる方もいらっしゃるでしょう。
彼は、ご存知の方も多い「NO1セミナーポータルサイト セミナーズ」運営会社の社長です。
そう、日本最大のセミナーのポータルサイトを運用している。

セミナー好きのあなたなら知っているだろう。

独立は2004年。わずか3年。
近年中に株式公開を予定する超成長企業である。

そんな彼に会ってインタビューをさせてもらった。
私が最も興味があったのはスピード感。
サラリーマンから転身、名実ともに日本最大を得るところまでの経緯を聞きたかった。


本最大のセミナーポータルサイト



セミナーズ

次にセミナーズの説明。
一言で言うととても良くできた仕組みのポータルサイト(Yahooのような情報集約サイト 玄関サイトともいう)
原点は、セミナー好きでありセミナー開催者でもあった清水さんの純粋な思いからスタートした。
受講者としてもっと簡単に求めるセミナーが見つけられないかなぁ?
開催者としてセミナーで簡単に集客できる方法はないかなぁ?

そう、セミナーズは誰でも簡単にセミナーを受講したり開催したりすることのできるためのホームページである。

開催者は、
1.『開催日時』
2.『講師』
3.『場所』
4.『金額』

を決めるだけ。
あとはセミナーズに自分のセミナーを登録する。
すると日本最大のセミナー集客サイトへ登録され集客が始まる。

そして受講者。
セミナーズのサイトを見れば学びたい情報のほとんどは学ぶことができる。
もちろん比較もできる。
申込みも簡単。
WEB上で申込み後はお金を振り込むだけ。

開催者は、登録するだけで集金までをセミナーズの運営会社ラーニングエッジが行ってくれる。
至れり尽くせりである。

集客と集金をしてもらえるなんてビジネスの2大テーマが解決する。
集金までを行うところがセミナーズの売りのひとつという。
是非皆さんもアクセスしてみてください。
http://www.seminars.jp




清水さんの人間性に迫る



ところで話題は、清水さん 。
彼との約90分はこれまた本当にエキサイティングだった。

実に好タイムで走る『ランナー』



彼を一言で言うと「走っている人」
ダッシュではない。結構、好タイムを維持するランナーである。
自分のペースをよく理解し、またトレーナーである先輩方の意見を聞きながら
強い日差しの下 着実に好タイムで走っている。
時には雨もある。嵐もある。
そんな中でもペースを守って着実に前に進んでいく。
素晴らしいコーチ陣をつけ最高の環境と才能で走り続けている。


ンプルな時間短縮術



32歳の彼から多くを学んだ私だが個人的におもしろかったのは
【時間短縮術】

ちなみに読者の皆さんの時間短縮のコツはなんですか?

彼は、言った。

決めること。
決めてしまうことで楽になる。
考えなくて済む。

これがとても印象的だった。

例えば、食事。
週に1回 奥さんの手料理を一緒に食べる日を確実に設けるそうだ。
みなが出来ないとても大切なこと。(私だけ?)

次に、反省の日。
月に1日 ひとりになって何もしない日を設けるという振返りの日だ。
これにより自分の進捗を確認できて軌道修正できるそうだ。

そして マラソン。
10年連続ホノルルマラソンへ参加。
今年はどうしようなんて考えることはもうない。


予め決めて先に予定を入れる。
確かに、どれも時間短縮に大きくつながる。
そう思うと私の場合、無駄に考えている時間が多すぎる。
考えることでの結果の違いを考えるより数多くの意思決定をして物事を行う方が断然結果は良い。
恥ずかしながら改めて実感した。


う事をやれ!



そんな彼も数々の修羅場を超えている。
創業当初、収益を生み出すホームページの完成が大きく遅れたこと。
遅れるどころか出来なかったこと。
信頼して依頼したインドの会社での開発が思うようにいかなかったという。
言葉も障害が一番大きかったようだ。
コーディネーターが付いていたそうだが二アンスが伝わらない。
画像の比率を調整してほしいと伝えると解像度が直ってくるなど一向に進まない日々を経験した。

これにより資金は殆ど入って来ない。
「もう、あと1ヶ月で終わりだなぁ」
そんなところまで行ったそうだ。
そこで切羽詰まった彼が考えたのが、

「違うことをやれ。何でもいいから」。

聞いたことのある人もいると思うがあのフレーズ。


そこで彼は、お金を工面してホノルルマラソンへ参加した。
そこでの解放感が彼に新しいチャンスを与えたという。
「もう、なんでもいいや」(前向きな意味)そう思えたら新たな援助者が現れ彼にチャンスを与えてくれたという。
(内容は非公開)
とかく男はお金の窮地に弱い。お金が無くて自殺するのは男性だけ。
女性のお金による自殺はほとんど聞かない。余談でした(*^_^*)

そんな窮地を救ったのはあのフレーズだったそうだ。


私は、彼の会社の株を買ってみたいと思った。
もちろん未公開で買えるならそれはもっとありがたいが・・・。




今後の展望は【大学】




彼は、今後セミナーズをWeb上の世界最大の総合大学にしたいと考えている。
セミナーは、ドイツ語でいうとゼミナール。
大学のゼミを念頭において、
セミナーズの発展形として大学をイメージしたのだ。
Web上にある大学それが彼のイメージ。
今後学びたい人はどんどん増えていくだろう。
学びたい人がいつでもどこでも希望するものがスグに学べる。
こんな時代を彼が実現してくれるような気がする。


是非皆さんも彼と彼のビジネスに注目してもらいたい。目が離せない起業家の一人である。

第一部おわり





第二部のご案内



【Web2.0時代の究極の成功法】
SEOいらずの究極のインターネット集客術をご希望者にお届けします。
感想を加えたうえ、下記アドレスまで第2部希望のメールを下さい。
各業種1名様限定のマル秘情報です!
当社御同業もご遠慮下さい。
matsui@japanpc.co.jp まで(※締切り5月8日)



松井洋治

社内の無駄な手間に気づいたら【オリジナルシステム開発】
時代に遅れた事に気づいたら 【集客型ホームページ作成】
もっと儲かるはずと気づいたら【無料個別悩み相談30分】
MAIL:matsui@japanpc.co.jp
http://www.japanpc.co.jp

株式会社 ジャパンパーソナルコンピュータ
〒233-0001 神奈川県横浜市港南区上大岡東1-13-17
TEL:045-847-2121(代) FAX:045-847-2770
スポンサーサイト
            


プロフィール

JPC松井洋治

Author:JPC松井洋治
松井洋治(マツイヒロハル)
昭和40年11月生
株式会社 ジャパンパーソナルコンピュータ
代表取締役

◆出身
神奈川県横浜市
◆趣味
2015年11月に月1回ゴルフで
シングルになる。
バイク(息子の誕生記念で買った)
harley SportsSter'03
ホノルルマラソン継続参加(今年度6回目挑戦予定)
◆家族
妻 子供二人
◆スポーツ
サッカー6歳~18歳 ゴルフ22歳~ 
最高スコア79、しかし平均は98 
実力はもちろ(#^.^#)。

◆好きな食べ物
  ハーゲンダッツの抹茶アイス
◆MY ブーム
息子との毎朝のジョギング・縄跳び

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。