共に挑み共に成長発展! JPC松井の今月のレポート
いつもお世話になっております。今月もちょっと良い話、配信させて頂きます。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

            
すばらしき体験
皆様、あけましておめでとうございます。
昨年中はたいへんお世話になりました。
私にとってもそして皆様にとっても素晴らしい一年だったと思います
振返ると私は、自分の更なる可能性に出会えた一年だったと思います。

そして今年もすばらしい1年にしましょう。
あなたは、この一年でやりますか?
私は、ビジネスでの目標達成はもちろんのことプライベートでは武道を始めると決めています。
少林寺拳法か合気道。情報ある方は、是非ご教授下さい。

では、さっそく今月の話題です。
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*



ホノルルマラソンへのチャレンジ



20年来の目標



もう昨年になってしまいましたが去る12月10日ホノルルマラソン2006に参加して参りました。

結果は無事完走。
タイムは6時間台後半と決して早いとは言えないが
20年来の目標であるマラソン完走をついに達成できました。

フィニッシャーTシャツ


メダル

※写真は完走者へ送られるフィニッシャーTシャツとメダルです。


私は、20年前の大学時代ある助教授のフルマラソン経験を聞きました。
当時、教授は3回ほど経験していました。
一般の人がフルマラソン?ショックを受けたのと同時に自分の人生で一度は経験したい事だと確信しました。

それが、20年経った先月20日、ついに達成する事ができました。
わたしも遂にマラソン完走者の仲間入りです。


しかし、走ってみると奥が深く、ある意味スタートになったに過ぎませんでした。
一生のうち一度でOKという人もいるだろうが殆どの人が一回でも多くの挑戦するのではないでしょうか。
常に挑戦。
人生そのものがマラソンだとおっしゃる方も少なくない理由かな。
今回、ホノルルマラソンを通して色々な経験と発見できた事少しご報告したいと思います。




3つの経験と発見




私は、このマラソンを通して大きく分けて3つの経験と発見ができました。

1. マラソンも科学。時代は大きく進化している
2. 新たな挑戦が新たな出会いと歓びを創造する
3. 自己への気づき

挑戦と努力の大きさに結果と歓びが比例することがとても印象的でした。

この中から今回、ホノルルマラソン経緯と概要。
そしてマラソンも科学、取り巻く最新情報をお伝えします。


加の経緯と概要



まずは、経緯と概要からご紹介しましょう。


●参加の経緯
私が、マラソン出場を決意したのは2005年11月。40歳の誕生日です。
ジェームススキナー氏の成功の9ステップセミナー再参加での呼びかけでした。

実は、その呼びかけは翌月の参加。
しかしその年は日程調整がつかず申込みをキャンセル。
1年間待つことにした。

で、そのころの体力は。うん、ほとんど走れない。
運動は20年間ゴルフくらい。それも最近ではカート。
実際には軽い坂道を3分も走るともう限界。
普段の生活も階段をちょっと登ると結構負担を感じちゃったりしてかなり恥ずかしいレベル。
実は、それが実際参加する3ヶ月前まで大差無い状態だった。

そしてこの1年間以上あった準備期間で始めてやった準備が「完走ホノルルマラソン。3ヶ月で夢のゴール」なんて本を買ってしまった私は、すっかり本腰トレーニングを先送り。
やはり人間は楽な方に流れるなんて言い訳。
でも20年来の目標達成の為、残り3ヶ月は駆け足でトレーニング。
数々の出会いと情報の中、レース1週間前には20kmを走って最終調整を終えた。
スタートウェア



●ホノルルマラソンの概要
ホノルルマラソンは、毎年12月第2日曜日にアメリカ ハワイ州 オワフ島 ホノルルで開催される。

誕生は1973年。今回で34回目となる。
距離は、42.195kmのフルマラソンと10kmのレースデイウォーク。
ウォークは過去と未来の参加者やマラソン参加者に同行した人のためにコース前半10kmを使って実施される。
これにより次回のフルマラソンの参加を決意する人が数多くいる。
10kmのウォークでも楽しみはとても大きくフル参加への期待を彷彿させるようだ。

今年のエントリー者は、40カ国から28,635人。
初挑戦者は13,423名、日本人は17,905人(前年比+約600名)。
日本の芸能人も多数参加することでも有名だ。今年も長谷川理恵さん、間 寛平さん、永井 大さんが再参加。
初参加では、元サッカー選手の前園さんや前田耕陽さんが話題になった。
カンペイちゃんと前園選手はレース後それぞれのホテルでお見かけした。
日本のスポーツショップで聞いた話だが、近年、特に日本人の女性参加者が増えているようだ。

●ホノルルマラソンの特色

特色としては、基本的に制限時間が無い事。
これによりマラソン初挑戦者が安心して参加できる。
今年もラストの方は15時間40分。
また、ハンデキャップを持たれている方も多数参加され義足での参加や目の見えない方が伴走者と走る姿が印象的だ。

このレースはスピードだけを競う大会ではない。
心からハワイとマラソンを楽しむ為の市民マラソンである。
それゆえ共通して言える事は参加者全員の笑顔が最高である事。
今でも思い出すだけで胸が熱くなる。
地元市民あげての応援もたまらなく嬉しく心強い。

スタートは夜明け前の午前5時 。
花火と共にスタートとなる。
スタートの花火


スタートライン


コースはアラモアナ通りをスタートしダウンタウンをまわりWaikikiビーチを抜けダイヤモンドヘッドを通過。
Hawaii KAIを廻ってWaikiki脇のカピオラニ公園に戻ってゴールとなる。
書くと簡単。走ると半端無く長い。
特にダイヤモンドヘッドを越えたところからHawaii KAIへのハイウェイの往復は驚くほど長い。
レース3

レース2

レース1



加者たちのドラマ



初心者や一般の人がそれぞれの想いとドラマを持って走る最高の舞台になっている。
このマラソンでの目頭の熱くなるドラマは、後を絶たない。
身近な参加者の話題では足を引きずり11時間掛けても絶対にリタイヤしなかった仲間女性や
体調が悪い中10年連続10回目を完走した59歳の大先輩など
身近な方にもドラマがある。

大先輩は2年目に一緒に走られ継続を誓ったお仲間が3年目を迎えられず亡くなったそうです。
その供養も込めて60歳までの11回連続を決意したそうです。





マラソンも科学!?



次にマラソンも科学であるということ。
皆さんは、マラソン(42.195km)と完走する自信はありますか?
未経験者で自信を持ってあると答えられる人は少ないのではないでしょうか。

しかし、今では、やり方さえ知っていれば殆どの方が完走できる。
取組み方次第で好タイムが期待できる。
もちろんタイムという面ではやはり練習量に比例するが、
それも以前より短期間で効果的に達成できるのではないでしょうか。


一体どこに科学があるのか?というと、こんなところ。


① シューズやウェア、グッズの機能・性能が著しく向上しる。
② ICチップにより全ての成果がリアルタイムに世界中で確認できる
③ 僅かなトレーニングで最大の成果を挙げられるよう手法ができている


これらによりタイムはもちろんのこと初心者でもゴールが間違いなく近づいている。
あとは気持ちだけである。


機能のシューズとウェア


まずはシューズ。
シューズ


種類やサイズは以前と比較にならない程、販売されている。
長さと幅、レベルで選べる。
これにより初心者からプロまで自分の状態、成果にピッタリ物が選べケガのリスク低下や快適度が抜群に上がっている。

私は、幅広で超初心者用のモデルを選択した。
これにより心配したかかとや膝に対する衝撃が激減し、走行中ほとんど痛みを感じずにすんだ。
初心者のほとんどは走る衝撃で膝をやられる。
そして最近の靴は、まったくと言って良い程 靴ズレをしない。
履いただけで安心感さえ生じる。

つぎにウェア。これがまた良くできている。
汗をかいてもあっという間に乾く。そしてサラサラ感がたまらない。
しかも驚くほど軽い。開放感と快適性がたまらなく良い。
しかしフルマラソンでは、長時間にわたり肌と擦れ合う為男性でも乳首にテープを張って出場する。
それを忘れると乳首から血が出るらしい。

そしてお勧めなのが、チタン入りのサポーターテープ。
張るだけで驚くほどの効果がある。
日本の医院で結構脅され、膝の痛みが心配だった私も痛み無く完走できた。
実際の商品はこちら→http://www.rakushop.com/products/detail.php?item_id=170


最後にPower BAR
エネルギー回復に超効果的。
ゼリーやスティックサイズのもので驚くほど短時間で体力が復活する。
5時間以上のランナーには必需品。携帯して走れるサイズと重さなのは、とてもうれしい。
実際の商品はこちら→http://www.powerbar.jp/athletes/products/index.htm

そういえば気力UPにポータブルプレーヤーも超効果的。
ipod


iPODなどはとても軽量なので持って走る事に違和感が無い。
大好きな曲は思いっきりペースを上げてくれた。
やはりメンタル面の効果も大きい。これらにより抜群の環境でフルマラソンを楽しめる。
安心と快適が両立している。


アルタイムな情報が分かるICチップ


マラソンでの経過情報を計るのがICチップ。
小さなタグをシューズに付けるだけでOK。
これによりリアルタイムに経過情報が正確に分かる。
ランナーにとってもスタート時の行列後方のスタートでもハンデ無く走れる。

実際のスタート地点通過時からのタイム積算になる為焦らず安心してスタートを切れる。
また、今後のトレーニングにも役に立つ。4ヶ所の通過時間が全員分記録されWebより誰でも直ぐに見れる。
また、これとゼッケンの読み取りで写真や動画を収録し僅か数時間で販売される。


率的なトレーニング


効率的なトレーニング方法が確立されている。
ハートレートモニター(心拍計)と使うとヨリ効果的である。
ハートレートモニター


人間は最大心拍数の65~85%のゾーンで走っていると疲労が最少に抑えられる。
いわゆる全力疾走が続かないのがこのことだ。

ペースをこのゾーンに維持する事で安定した走行を長時間維持できる。
このゾーンでの運動は効果絶大で脂肪が燃え毛細血管が広がり益々健康になる。
いわゆる有酸素運動。
これに対してゾーンを上回った運動は、脂肪は燃やさずグリコーゲンだけで運動する為、
長続きしないしやせないし辛いだけの運動になる。
これもこう言ったものを使う事で正確に測れ理論だけでなく正しく実践できる。

私もこれにより安心し安定したトレーニングができるようになった。
測ることの効果は絶大。
また、事前の20km以上の走行を経験した回数に成果が比例する。
20kmを3回以上経験した人の殆どが5時間台でゴールしそれ以下の人が6時間以上掛かっている。
今年5時間台を目標とする私としては最終1ヶ月で4回の20km越で挑戦する。





最後に



最後になるが今回この挑戦で数多くの方との出会いを得ることができたことを心より感謝いたします。
40歳初体験に多くの方に助けられ完走することができました。
誰でも完走できるなんて書いていますが私の場合皆さんの力が無ければ挫折していたかもしれないと思います。
ジェームスをはじめとするTJスタッフ。
手配いただいた鴨井さん。
一緒に走った仲間たち。
見守ってくれた家族。
仲間の“のぶ”の紹介ではオリンピック選手とコーチを一緒に走りレクチャーを2度も受けることができた。
また、ホノルルではレース直後、栗駒夫妻の結婚式にも参加させていただき
素晴らしい企画と先輩方との出会いをいただくことができました。
応援下さった全ての人々。

人生において忘れられない経験が出来た事
お客様、自社のスタッフ、関連企業、そして家族と自分も含め感謝の気持ちを送りたい。

感謝ありがとう。

松井 洋治
関連記事

            
この記事に対するコメント
凄い凄い
空けましておめでとうございます。
正月早々、凄いのが入ってきましたね。
マラソン完走とは凄い。
私は来年の目標は5キロ完走です。
この違いは何ですか。
改めて脱帽。
負けずに頑張るぞ!!
【2007/01/01 12:18】 URL | 近都賀彦 #- [ 編集]

ホノルル!!
あけましておめでとうございます。
ホノルルでは大変お世話になりました。
松井さんをはじめ多くの皆さんのおかげで幸せな時間を過ごすことが出来とても感謝しています。
私もマラソンは初の体験でしたが参加者すべてがゴールに向かいやり遂げる姿、そしてゴールでのそれぞれのドラマ、28000通りのストーリーはそれぞれがその目標を達成した素晴らしいものだと確信し感動しました。。
今年ホノルルに行けた事に皆さんに感謝し、また今年もホノルルの空の下を走れるように仕事を全力で頑張っていきます。今年もどうぞよろしくお願いします!!
【2007/01/02 10:07】 URL | 栗駒 #- [ 編集]

完走、おめでとうございます!
20年前、確かとんねるずが参加した際に私も完走しました。
それ以来、フルマラソンはほとんど走っていませんでしたが・・・
実は今、第1回東京マラソン目指してトレーニング中です。
酒を断ち、お正月休み返上で家族にも犠牲?協力してもらって
ストイックに猛練習中。(一日平均20キロ走)
実は今日も陣馬山トレイルラン(山道30キロ)に行っておりました。
サブスリーを目標にしてしまったもんだから・・・。
松井さんの記事はずいぶん勉強(参考)になりました。
また、日ごろから松井さんにいただくメールにも勉強させていただいています。
特に、コーチングでは昨年、ずいぶんお世話になりました。
少しはご恩返ししないといけませんね。
少林寺拳法と合気道は私も黒帯ですので、少しはアドバイスできますが。
ともあれ、今年も一年よろしくお願いいたします。
完走、おめでとうございます!



【2007/01/04 18:21】 URL | まみパパ #- [ 編集]


おめでとうございます。

私も、40歳から、改めて、トレーニングをしています。
いつかは、ホノルル、いつかは、アイアンマンです!!!

今年も、よろしく!!!
【2007/01/04 20:52】 URL | 尾崎一裕 #- [ 編集]


まいりました。松井さんの行動力を見てドキッとしました。
最近の自分を見直してみたら、又言い訳する自分が出てきてました。
油断すると、すぐに、やらない、やれない理由を考えてしまいます。
今年は、松井さんに負けない行動を起こします。
そしたら、横浜に遊び(飲み)に行きますね。
【2007/01/05 09:46】 URL | 仙台、佐藤一也 #- [ 編集]


完走おめでとう

この一年素晴らしい出会いと、成長をされたようですね。

良い刺激をいただきました。お互い更なる飛躍を目指してがんばりましょうね。
【2007/01/05 12:13】 URL | FS三好 #- [ 編集]

すごい!チャレンジ精神
松井さん、またまた、やってくれましたね!今朝初出勤してメールを開いて松井さんのマガジンを開きました。今度はフルマラソンの体験談に、“朝寝・酒びたり・朝湯”の正月を過ごした私には「鉄槌かっ!」と思えるほど衝撃でした(笑)。昨年、ジェームス・スキナーの講演にお誘いをうけ、終了後食事会をした時、あの酒好きの(と思っていた)松井さんや近都さんがお酒を注文せずにお茶を飲まれ、「酒は付き合いの時少しだけ、基本的に飲みません」の松井さんの言葉に内心ビックリしていました。私も健康のため酒量を減らそうと思っていますが実行はなかなかです。禁煙に成功した私ですので禁酒も出来るだろうと思っているのですが「精神的・科学的な裏づけ」が必要なんでしょうね。昔から、「健全な身体に健全な心が宿る」とか言いますね。私も今年はスイミングに通うぞ~!
【2007/01/05 16:43】 URL | 石山孝史 #- [ 編集]

みなさんありがとう!
みなさん心温まるメッセージありがとうございます。

みなさんのお役に立てるよう精進して
精一杯、がんばります。

松井洋治
【2007/01/09 20:35】 URL | 松井洋治 #XrwkbYLc [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jpc.blog64.fc2.com/tb.php/10-72ff3324
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

JPC松井洋治

Author:JPC松井洋治
松井洋治(マツイヒロハル)
昭和40年11月生
株式会社 ジャパンパーソナルコンピュータ
代表取締役

◆出身
神奈川県横浜市
◆趣味
2015年11月に月1回ゴルフで
シングルになる。
バイク(息子の誕生記念で買った)
harley SportsSter'03
ホノルルマラソン継続参加(今年度6回目挑戦予定)
◆家族
妻 子供二人
◆スポーツ
サッカー6歳~18歳 ゴルフ22歳~ 
最高スコア79、しかし平均は98 
実力はもちろ(#^.^#)。

◆好きな食べ物
  ハーゲンダッツの抹茶アイス
◆MY ブーム
息子との毎朝のジョギング・縄跳び

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。