共に挑み共に成長発展! JPC松井の今月のレポート
いつもお世話になっております。今月もちょっと良い話、配信させて頂きます。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

            
すごいセミナー!(後編)
【すごいセミナー増刊号】

今月のニュースレターは増刊号付き!
すごいセミナーの続編です。

まずは、お礼から。
数多くの皆さまから今回も反響をいただきました。
いつもお読みいただいている方々を含め心から感謝いたします。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*




マスターとの出会い



在だけで周囲に好影響を与える人間


早速ですが、今回はすごいセミナーの後編をお届けしたい。
さる9月26日から23日までの8日間で参加してきた
ジェームス・スキナー氏によるメガイベントセミナーの続編だ。
書きたい事は山のようにあり、印象に残る内容やポイントを書いただけでも1年12回分以上になる。
数々の内容から特に記憶に残った内容のひとつだけご紹介しよう。

ジェームスの教えるリーダーシップレベルは、13段階ある。
その最高峰は『いるだけ(存在)で周りに好影響を与えられる』というレベルである。
今回、私はある一人の若者にそれを心から感じることが出来た。
これが、メガイベントで用意された3つの内容のひとつである「マスターとの出会い」である。

20才のマスター


彼の名前は、カイル・メイナード。
1986年生れの20歳で、アメリカ生れのアメリカ人だ。
「明日は、二十歳のマスターです」という案内のひと言から想像した私の勝手なイメージは、当日一瞬にしてもろくも崩れ去った。
なんで二十歳のお兄ちゃんなんか呼んじゃったの?若くて儲かっていればいいの?なんて勝手な想像は、自分をはずかしめる結果になる事に気づかされる。

カイルは、先天性四肢切断という稀な症状で生まれた。
首、両肩の三つの大関節しか持たず生まれたのだ。
逆の言い方をすると肘より下、ひざより下が生まれつき無いのだ。もちろん関節である肘や膝もない。
(状態としては乙武洋匡さんと同じである)

そんな彼が、20年間で起こしてきた数々の究極の成果作りの話を聴く事が出来た。
「障害があるのにがんばっている」これが彼の魅力ではない。
私は、20歳のひとりの男が自分のあるもの全てを余すことなく全力で使って頂点を極めた事、またそのような人間に出会えた事に喜びと感動を得た。
その目、視線、表情、声、立ち振る舞い、体全体から出る自信、
勇気、誇り、そして愛を全身で感じ取れる素晴らしい体験だった。


 
 
1000通の反響を呼んだ著書


彼が頂点に至るまでの経緯を少し紹介しよう。
カイル・メイナードを一躍有名にしたのは、日本でも多くの人が知っているCNNのラリーキングショーだ。
全米で最も有名なキャスターのひとりであるラリーキング氏によるインタビュー番組。
時代を代表する人物や功労者が紹介される。

そこで彼は、生い立ちから全米を代表する学生レスラーとしてウエイトリフティングの記録も持っていることなどが取り上げられた。
そして自身の著書である「No Excuses」(言い訳はゆるさない)も紹介された。
この放送により1000を超える反響が彼と放送局へ届いたそうだ。
中には放送後、自殺を止めた。
離婚を止めたなど、自身の生き方を見直したと言う。
正に「存在が人に心に影響を与え動機付けする」というリーダーとしての最高レベルに達した瞬間だったのだろう。
ジェームスからのコンタクトもその後のものだったという。
余談になるがそんな彼を数多くのオファーの中から呼べるジェームスにも頭が下がる。



彼の何がすごいのか?


なにがすごいか。
彼は、人間の可能性を究極に追求した人物だ。
彼は、身体のハンデキャップをもろともせず人生の喜びを掴んでいる。
人は、明確な目標を持ち突き進む事により誰もが出来ないと言われる事であってもそれを可能にする。


35連敗


何でも良い、本気で取り組んだ事であってもあなたは35回連続で負けても続けられるか?
彼はレスリングでの記録を持っている。
それは、35連敗。
彼は1勝を挙げるまでになんと連続で35敗している。

あなたは、35回負け続けることが出来るか?
恥ずかしいが私は、NO。

いくら自分がやりたいと決めたスポーツでも負け続けたら試合をする事を止めるか、多分そのスポーツを諦めてしまうだろう。
でも彼は違った。
彼は、周囲の反対や評価を見事に裏切った。
父もやっていたスポーツを絶対に制覇し勝つまでやる、と言う信念が彼を1勝に導きそして州の決勝戦へたどり着かせた。

今では、全米12位の実力者になった。
もちろん正真正銘のレスリングでありハンデキャップやハンデキャッパーのクラスでの話ではない。


「特別扱いしない」


そこへ至るまでの話の中で素晴らしかった出来事のひとつに彼の家族でのルールがある。
彼の家では、やると決めたスポーツはシーズン中で辞めてはいけないと言うルールがあるそうだ。
それもまた素晴らしい。
希望して始めたことを途中で投げ出すな、ということだろう。

今回、彼の話でもうひとつ注目したのは、ご両親の決意だ。
軍人である彼の父、そして普通の主婦である母は、彼が生れた際にひとつの事を決めたそうだ。

それは「特別扱いしない」。

彼を特別扱いしない事を決意し貫き通したという。
それが、彼の素晴らしい人生のベースになっている事は言うまでもない。
しかし簡単に出来るものでもない。
私もひとりの子供の父として胸が痛い。

の前でのファイト


話は、戻るが彼は、中学時代フットボールで活躍していたと言う。
これもまた驚きだが、やはり数々の苦労とトレーニングはあったが
最後はディフェンスとして十分に活躍するところまで行っていたそうだ。

そんな中、今度彼は、自分の父がやっていたもうひとつのスポーツであるレスリングに挑戦すると決めたそうだ。
(※彼の写真とホームページアドレスは、当記事下部へ表記)
彼の状態を見るだけではとてもレスリングを戦えるとは、想像がつかない。

しかし、我々はカイルのファイトを実際に見ることで一変する。

そうなのです。
カイルはジェームスとのファイトを受講者の前で披露してくれたのだ。
ジェームスも素晴らしい。
ジェームスは、学生時代レスリングをやっていたという。
そんな事もあって講演の最後にはカイルがジェームス相手に戦ってくれた。


人間の可能性は無限だ。
カイルは、まず相手の足を腕で抱え込むと同時になんと首で相手を倒してしまうのだ。
それも一瞬にして。
その素早さと力強さは見るもの全員をうならせる。
そしてジェームスが今度は押さえ込みに入ろうとすると首、肩、足を使って素早く、そして力強く逃れる。
そして逆に押さえ込みに回る。
ジェームスの半分くらいの大きさしかないカイルがジェームスを首や腕、足を鋭く強く拘束し自由を奪う。
もう何が起きたのか分からないくらい素早くセンセーショナルな出来事だった。
カイルのファイトを見た人の殆どは人生観が変わるだろう。
カイルとジェームスに心からの感謝を伝えた。




忘れられない体験



情あふれる目線


カイルは、目が違う。
今回カイルへ注目した部分に目、そして視線がある。
彼の表情は常に落ち着いている。
自信に満ち溢れた目線には、人に対する愛情といつでもどんな状態でも対応するだけの器の大きさを感じさせた。
400人近い人間を前にしても全く動じる事はない。
年齢を感じさせることは全く無い。
今まで41年の人生であんな目をしている人物を見たのははじめてであった。
これが、ジェームスの伝えたかった出会いのひとつであろう。


ッとする側面


そんな彼もやっぱり二十歳の若者。
その証拠は彼の親友だ。
今回彼は、同じ年齢で小学校からの友人と来日していた。
彼を一生支援するひとり。親友でありマネージャーであろう。
ビデオゲームでは永遠のライバルでありカイルの師匠らしい。
そんな友人である彼は、本当に普通の20歳の若者だ。
友人である彼を見ることでカイルも普通の若者である側面を見れたようでなぜかホッとした。
(集合写真に写っている彼だ)

れられないハグと握手


そして忘れられない体験に彼との握手とハグがある。
彼は、我々の求めるハグや握手にもこころよく応じてくれる。
こちらの手のひらを両腕で強くはさみこんで握手をしてくれる。
その強さと手に残る感覚は一生忘れらない。
ここでも彼は人々に影響を与える。
殆ど人が彼との握手が忘れられないだろう。
Team Jamesの稲葉社長も握手をした瞬間涙がもの凄い勢いで出てきたそうだ。
彼の涙もろさも手伝っていると思うが。





あっという間の1時間であった。
彼から学んだ事。
人間の可能性。
人への愛と勇気。
この目から耳から体感した事は、私の人生に少なからず影響を与えてくれるだろう。
カイルをはじめ、この機会を与えてくれたジェームスそしてスタッフを含めみなさん、
私事になるが留守中会社を守ってくれたスタッフにも感謝したい。
ありがとう。

松井洋治


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

P.S:
最後にこのセミナーにあたって
■私の参加目的、テーマ:挑戦
■得られたこと:自信、勇気、愛情
■特に学んだ事:リーダシップ、ビジネスマインド、そして出会い
■来年特に学ぶ事:愛の億万長者
■今年の感想:予想をはるかに超えるベネフィットがあった
■来年参加を考える人にひとこと:ここには、お金で買えない価値がある。
■参加費用:S席298,000円(9ステップ参加者割引)+宿泊費8泊分
■満足度:★★★★★

061016



カイルのアドレスはこちらです。
Kyle Maynard(カイル・メイナード)http://www.kmaynard.com

何とビデオで、ファイトするカイルの姿が見られます。
VIDEOはこちらから。

『成功の9ステップ』の詳細はこちらでも紹介されています。
書籍は10万部を超えるメガヒット、ライブセミナーの受講者は3000人以上にも及ぶ人生が変わる4日間です。
メガイベントは年に一度の開催ですが、成功の9ステップは年に4回行っています。
次回は11月!お見逃し無く!


関連記事

            
この記事に対するコメント
感動しました。
カイル・メイナードさんのビデオ映像を見ました。
感動して、涙がでました。

すごい話しを紹介してくれありがとー!
【2006/10/14 10:00】 URL | FS三好 #Wbk1lLzE [ 編集]


感動が蘇ってきました。 松井さんの素晴らしい文章力にも感謝です。
【2006/10/16 14:09】 URL | 金谷 光憲 #- [ 編集]

セミナーでの気持ちが戻ってきました
ひろ、レポート読みました。
カイルさんの澄んだ力強い目を思い出して、また気持ちが高まりました。
有難うございます。

はぎー
【2006/10/17 08:03】 URL | はぎー #- [ 編集]

続編もすごい!ですね。
20才のマスター、カイル・メイナード氏のお話に感動しました。「特別扱いしない」とのご両親の決意が彼をマスターにしたのでしょう。「決意し貫き通す」ことの大切さを改めて教えられました。松井さんありがとうございました。19日、大阪でのジェームス・スキナー氏の講演会でお会いしましょう。楽しみにしています。
【2006/10/17 09:24】 URL | 石山孝史 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jpc.blog64.fc2.com/tb.php/7-5bd2a7ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

JPC松井洋治

Author:JPC松井洋治
松井洋治(マツイヒロハル)
昭和40年11月生
株式会社 ジャパンパーソナルコンピュータ
代表取締役

◆出身
神奈川県横浜市
◆趣味
2015年11月に月1回ゴルフで
シングルになる。
バイク(息子の誕生記念で買った)
harley SportsSter'03
ホノルルマラソン継続参加(今年度6回目挑戦予定)
◆家族
妻 子供二人
◆スポーツ
サッカー6歳~18歳 ゴルフ22歳~ 
最高スコア79、しかし平均は98 
実力はもちろ(#^.^#)。

◆好きな食べ物
  ハーゲンダッツの抹茶アイス
◆MY ブーム
息子との毎朝のジョギング・縄跳び

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。