共に挑み共に成長発展! JPC松井の今月のレポート
いつもお世話になっております。今月もちょっと良い話、配信させて頂きます。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

            
すごい危機
毎度お引き立て誠にありがとうございます。
前回のカイルはいかがでしたか?多くの方が彼のサイトをご覧になり感動されたそうです。
この感動を旨に我々もがんばって生きましょう。

今月は"すごい危機"についてです。
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


重要データの消失事件



皆さまも即確認、対策、対応ください。
昨日あるお客様のところで起きた重要データ消失についてです。


ーバーからの音



実は、先日ある法人様でサーバーの物理的故障が発見された。
サーバーより「ブ~ブ~」と言う音が鳴り出したのだ。
そこで使用しているのはDell社製のサーバーだ。
Dell社のサーバーは機器の故障が発生すると本体よりブ~、とかピーなどの、いわゆる「ブーピー音」が鳴るような仕組みになっている。
そしてこの鳴り方にはちゃんと意味があり、音の種類やテンポにより故障の箇所や原因が特定できると言う便利な仕組みになっているのだ。
サポートセンターへ電話をかけ受話器より音を聞いてもらい判断するのである。

今回のケースもお客様に直接メーカーへ電話をして頂いたところハードディスク(データを保存する機器、以下HDD)の故障が発覚した。
これにより保証期間内(5年保証の4年目)と言う事で翌日メーカーよりサービスマンが出張修理にくる事になった。
その際、メーカーは『事前にバックアップをお願いします』と言っていた。
しかしお客様は「ハードディスクは複数台入っているのでバックアップはしなくても大丈夫だろう」という感覚で捉えられたようだ。


ーバーについて



ここで今回の問題になったサーバーについてご説明したい。(ご存知の方、スイマセン)
サーバーとは、簡単に言うと耐久性のあるパソコンだ。
主に大切なデータを保有する目的で利用され、24時間365日休まず稼動できるパソコンの事を言う。
通常サーバーは、重要情報を保存する為セキュリティーが重要視され、サーバー専用のOSをインストールして使われる。
代表的なものは、Windows 2003 ServerとかLinux、UNIXなどが代表的なOS(基本ソフト)だ。
通常のWindowsXPやWindows2000などよりも安全性が重視されている。
『Webサーバー』や、『ファイルサーバー』とか言う表現は用途の表現である。

また、データを機器の故障などから確保する為、複数のハードディスクを搭載している。
データを同時に複数のハードディスクに書き込み、万一の故障の事態に備えるのだ。



予想外の故障



葉を失う事態



今回のケースも安全性を考え、3台のハードディスクを搭載し、
そのうちの一台が故障しても復旧できるRAID5という構成で導入されていた。

しかし、今回のケースは予想を上回っていた。

なんと同時に2台のハードディスクが故障してしまったというのだ。
しかもサービスマンの復旧作業中に。
これにより全てのデータが取り出せなくなってしまったのである。
(3台といっても3台を2台に見立てて使っているので、2台同時故障には対応していないのだ)

「えっ」言葉を失う事態。
実は、メーカーやサービスマンより、作業前にデータを別媒体へバックアップするように薦められていたのだが
今回対応していたお客様も、まさか2台も壊れるとは思わず最重要の2つの顧客データしか移動していなかったのだ。
そしてそのまさかが起きた。
メーカーサービスマンが復旧作業を行なうまで使えていたデータが一瞬にして全て無くなった。

ここからは正に頭真っ白パニック状態だ。
この時点で、私もお客様先へ到着した。
そんな簡単に壊れるはずが無いので、元の状態へ戻しての一時復旧作業をサービスマンへ指示するが駄目ですの一点張り。
毎日トラブル対応をしている彼らも年に1度も無い事だと(二人ともはじめてのケース)言うがもう戻らないとの事。
確かに事を軽視しバックアップを省いたがほぼ全て失うなんて・・・・。
サービスマンは『データ復旧会社もサーバーは対応していませんよ』なんていう始末。

会社の存続の危機。
見積データ、写真データ、契約書類ほか考えたら気の遠くなる量と重要性だ。


ータ復旧会社への連絡



いや、まずはデータ復旧会社へ連絡してみよう。
以前は、数百~1千万円と言われたが時代は変わったので何か方法はあるはず。

まずは、ネットより3社ピックアップ。
どこもやたらに手際が良い。
最短6時間で無料見積なんてところもある。
以前(3~4年前)は、海外へ送って見積もっていたくらいなのに。
時代は変わったなぁ!

そして気になる値段。
都内A社は見積52500円 復旧に約150万円程度。
福岡B社は見積無料 軽度の場合 HDD1台当り52,500円 ×3台+諸費用=18万円程度 重度は概算60万円から。
これは安い。
そして都内C社 見積無料 過去の実績では4~60万円程度と言う。
復旧が可能なら最短48時間で復旧すると言う。
21時を廻っているがどこも電話の対応にでる。
しかもC社の対応は若い女性だ。
24時間受付しているらしい。

そこでお客様先社長に相談し、翌日C社へハードディスクを持って行ってもらう事になった。
完全予約制だったので昼12時にアポを取った。
そして緊急の顧客情報の復旧処置として、他のPCでシステムを仮稼動させてこの日は終了。


旧の結果




そして診断、見積当日 重度の障害と言われ150万円の見積をされたとの事だ。
しかし、A社長は強かった。交渉。
なんと先方も交渉に応じる。

3度の交渉の末、結果総額48万円と言う。
復旧も僅か2時間で取り出した。
重度障害?同じ結果で150万円が48万円?何だったのだろうか?
でも何とかデータが救われた事は事実だ。


これで最悪の事態は逃れたが、失った時間とお金は取り戻せない。

皆さまも是非、一度見直しと対応してもらいたい。

総括
1.データは必ず2箇所以上の別の場所にバックアップをする事!
   1-サーバーの導入
   2-ハードディスクは2台以上にとる。
   3-テープや外付けHDDなども利用する。
2. 機器は信用しすぎない。保証はなるべく長く加入する!
3. 何事も交渉の余地はある!



*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【追伸】
当社でもこれを機に本メール受信者を対象に11月末まで
お申込みの方へ無料診断アドバイスを行ないます。
不安な方遠慮なくご連絡ください。
なお、遠方の場合出張費を別途お願いする場合があることご了承ください。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
関連記事

            
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://jpc.blog64.fc2.com/tb.php/8-3c2bf0e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

JPC松井洋治

Author:JPC松井洋治
松井洋治(マツイヒロハル)
昭和40年11月生
株式会社 ジャパンパーソナルコンピュータ
代表取締役

◆出身
神奈川県横浜市
◆趣味
2015年11月に月1回ゴルフで
シングルになる。
バイク(息子の誕生記念で買った)
harley SportsSter'03
ホノルルマラソン継続参加(今年度6回目挑戦予定)
◆家族
妻 子供二人
◆スポーツ
サッカー6歳~18歳 ゴルフ22歳~ 
最高スコア79、しかし平均は98 
実力はもちろ(#^.^#)。

◆好きな食べ物
  ハーゲンダッツの抹茶アイス
◆MY ブーム
息子との毎朝のジョギング・縄跳び

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。